nasu.cocolog-nifty.com > 五社神社奉納祝詞

五社神社
歴 史  聖武天皇の神亀元年(724年)、僧行基が多羅山若王寺を
      創建し、その鎮守社として建てられたと伝える。
      鎌倉時代若王寺が真言宗に属し、社殿の背後の鉢塚古墳
      石室内に石造十三重塔を造立し、金剛界五仏を本地仏とし
      五社大明神と号した。
     
   *  天正元年(1573年)織田信長の兵火で社寺ともに焼失した
   *  天正17年(1589年)釈迦院の伝誉上人が再建
   *  明治初年の神仏分離で五社神社に改める
   *  明治5年村社に列す
   *  明治40年6月17日、南垣内の無格社素盞鳴神社・
       恋の山の無格社八幡神社を合祀