遠く大洋の波濤を越え、夢を抱いてやってくる異国の商人達や
倒幕の野望に燃える幕末の志士たちや、西洋の学問を志す若者達。

あれから100年経った今も、ここには私が妻や子供達と暮らした当時の
記憶が、共に長崎を愛し長崎に暮らした貿易商たちの邸宅が、形を変える
ことなく残されています。

日本産業に貢献し、新しい時代への扉を開いた「長崎居留地の人々」
トーマス・ブレーク・グラバー・ 倉場 富三郎(グラバーの嗣子) 
ロバート・ネール・ ウォーカー・ウイリアム・オルト・ フレデリック・リンガー